V.I.システムについて
 

V.I.システムとは、シンボルマークやロゴタイプの使用方法を規定し、その規定に沿ったデータを基にして応用制作物も統一したデザインで制作するシステムを言います。
対外的な目に見える(ビジュアル)アイデンティティを統一することによって、企業や団体等のより良いイメージを発信することができます。
 

 

当サイト内の画像、掲載文の無断流用、無断使用を禁じます。
 

 

V.I.SYSTEM

V.I.システム
 

シンボルマークやロゴタイプはそれ自身を制作しただけでは完成とは言えません。それは、使用方法やカラー規定、その規定に伴ったデータがなくては応用制作物をつくる場合に、発注する印刷会社や制作会社、施工会社の裁量になってしまうからです。特にシンボルマークとロゴタイプを組み合わせて使用する場合などは基準が必要となります。
使用規定を設けないとシンボルマークやロゴタイプのバランスが変わったり、印刷物が原稿になっていることもあります。
WordやExcelで作成するビジネス文書は、特に適切なデータを使用しなければなりません。担当者や文書が変わるたびに形が違っていたのでは、企業イメージの低下を招くことになりかねません。
基本となる名刺や封筒、看板、車両等は統一された質の高いデザインにより初めてイメージアップにつながるのです。
 
ワークフローはこちらへ

 

制作例

メモリアルホールエンドウ ベーシックデザインマニュアル
 
[ベーシックデザインマニュアル例]
 
シンボルマーク、ロゴタイプの使用規定、
組み合わせ規定、使用カラー規定、データの取り扱い規定等をマニュアル化します。

 

 

メモリアルホールエンドウ
 

シンボルマーク英文ロゴタイプ和文ロゴタイプを制作し、V.I.システムとしてマニュアルを作成しました。 ウェブサイトも併せて制作しています。
 

草間鉄工所 アプリケーションデザインマニュアル
 
[アプリケーションデザインマニュアル例]
 
名刺、封筒、車両、看板、基本ビジネス文書等の
基本デザインをマニュアル化します。

 

 

草間鉄工所 名刺
 
[デザイン例:名刺]

 

株式会社 草間鉄工所
 

シンボルマーク英文ロゴタイプ社名ロゴタイプを制作し、V.I.システムとしてマニュアルを作成しました。 名刺、封筒、看板、車両、ヘルメット等の応用物のデザインも行い、マニュアル化させて頂きました。
 

 

このページのトップへ戻る